長嶋一茂の嫁・仁子は元ホステス?実家はどこ?江角マキコとの落書き事件の真相は?

Pocket

画像引用元:https://instagrammernews.com/detail/2112465878724732531

今回は長嶋一茂の嫁に関する話題をお届けします。

バラエティ番組で日々活躍する長嶋一茂ですが、最近はについて注目が集まっているようです。

そこで、長嶋一茂の嫁がどんな人物なのか気になって調べると色々な噂が出てきました。

実は元ホステスだったとか一時期話題になった自宅落書き事件に長嶋一茂の嫁が関わっているだとか…

なんだか興味深いエピソードが浮上しているんですよね。

そこで、長嶋一茂の嫁がどんな人物なのか、またこれらの噂が本当なのか徹底的に調べてみました。

長嶋一茂と嫁の馴れ初めなどもありますのでぜひ参考にしてください。

コンテンツ

長嶋一茂の嫁・仁子(ひとこ)がどんな人なのか知りたい!


画像引用元:https://manyasupprot.jp/

長嶋一茂の嫁・仁子とは一体どんな人物なのでしょうか?

名前や顔写真、出身地はどこなのでしょうか?
噂では、ナンバーワン元ホステスだったと言われていますが、果たしてその真相はどうなのでしょうか?

詳しく切り込んでいきたいと思います。

長嶋一茂の嫁・仁子の年齢や出身地は?画像はある?


画像引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1792803/

長嶋一茂の嫁・仁子の生年月日は、1967年12月18日生まれで年齢は(2020年現在)53歳です。
出身は、鹿児島県で現在も仁子の実家は、鹿児島県にあるようです。
高校時代は、バレー部に所属しており、実業団から声が掛かったこともあるほどの実力の持ち主だったとか!

こちらが、嫁・仁子の顔写真です。
写真の左側に写っているのが、仁子だそうです。


画像引用元:https://xn--q9jbi2jo39nwpjyh1b168a5id.com/dansei-tarento/nagashimakazushige-yome

とても綺麗な人ですよね。

長嶋一茂の嫁・仁子は元ホステスでやり手のナンバー嬢だったって本当?


画像引用元:https://news.mynavi.jp/article/20180425-622255/

噂では、長嶋一茂の嫁・仁子は元ホステスでやり手だったと言われていますが、果たしてその真相はどうなのでしょうか?

調査してみたところ、確かに嫁・仁子は元ホステスだったようです。

勤務していたのは、銀座7丁目にある高級クラブ「ドルフィン」「ブークラ」というお店だったとか。
特に、銀座でも老舗高級クラブとして有名な「ドルフィン」では、ナンバー2のホステスだったそうで、「ブークラ」ではナンバー1だったこともあると言います。

ホステス時代を知る知人は、仁子のことを「頭の回転は速く、お酒も強く、美しかった」と明かしていました。

まさに、やり手のホステスだったと言えますね!

長嶋一茂と嫁の仁子は1999年9月に結婚しました。

しかし、やり手だった元ホステスの仁子には、性格が最低だったという噂も浮上しているのです。
詳しくみていきましょう。

長嶋一茂の嫁はホステス時代から最低だったという噂が…どんなホステスだったの?


画像引用元:https://mikansan.xyz/archives/1876

ホステス時代の仁子はどのような人物だったのでしょうか?

最低といわれる所以を見てみると、どうやら性格に関連しているようです。

実は長嶋一茂の嫁・仁子はネットの匿名掲示板内でホステス時代から噂話が大好きで作り話もしていて最低だといわれているみたいです。

実際、ホステス時代の仁子は気遣いもできたといいますから、この作り話やうわさ話に関してはあくまでもお仕事の面での話だと推測できます。

交際中のホステス時代には長嶋一茂がお店に到着するといつもできたての料理を用意してくれていただとか、一緒に旅行に行く際には朝5時に起きて2人で旅先の神社にお参りに行ったというエピソードが出てきました。

これらのエピソードを見て、仁子は最低どころかとても健気で優しい女性だなと思いました。

あの長嶋一茂が見初めた女性なのですから、最低なわけないですよね。

馴れ初めは勤めていたクラブ『ドルフィン』で長嶋一茂と出会い次第に恋仲に…

画像引用元:https://refinelifekaz.com/archives/4252

続いて、長嶋一茂と嫁・仁子の馴れ初めをみていきましょう。

お二人の出会いは仁子が務める高級クラブ「ドルフィン」でのことでした。

当時長嶋一茂はまだプロ野球選手で、チームの仲間とともに「ドルフィン」を訪れたそうです。

現役プロ野球選手がお店にやってくるとなれば、ナンバー入りしているホステスが接客するのは当然でしょう。

おそらくそういった流れで仁子が長嶋一茂の接客を担当したのでしょう。

こうして知り合ったお二人は徐々に恋仲に進展します。

お客さんとホステスさんが恋愛や結婚に発展するって実際にあることなんですね。

それだけ長嶋一茂がお客さんとしても男性としても仁子にとって魅力的な人物だったのでしょう。

1999年にゴールイン!長嶋一茂のプロポーズエピソードが天然すぎる!

画像引用元:https://instagrammernews.com/detail/1680225867865135158

そんなお二人ですが、プロポーズはどのようなものだったのか気になるところです。

以前長嶋一茂が出演しているトーク番組「ザワつく!金曜日」で出演者それぞれが自身のプロポーズについて語っていました。

その中で長嶋一茂は

「プロポーズはしていないし、されてもいない」

と語っていました。

なんと長嶋一茂が仁子のお母さんに挨拶しにいく、と一言いったことで結婚が決まってしまったそうです。

挨拶の際には結納金を持参して実家へ行ったそうですよ。

また結婚したのが1999年9月ということでしたが、実は長嶋一茂はノストラダムスの大予言を信じていたがためにそれが何事もなく過ぎ去った9月に結婚したという経緯があったそうです。

どちらもちょっと天然っぽいエピソードですね。

結局、プロポーズらしいプロポーズはなかったみたいですね。

それでも長嶋一茂は仁子のことをとても大事に思っているそうですし、プロポーズで大事なのか形式じゃないということがよく分かります。

嫁・仁子は結婚後に長嶋一茂の個人事務所社長に収まる!

画像引用元:https://instagrammernews.com/detail/1877465955501981709

長嶋一茂と嫁・仁子は結婚から20年以上経っていますが、現在仁子は個人事務所「ナガシマ企画」の代表取締役社長をつとめているようです。

長嶋一茂がタレントとして成功しているのは仁子のおかげなのですね。

最近、めちゃくちゃバラエティ番組やトーク番組に出ているなという印象でしたが、嫁の力もあったとは知りませんでした。

現在の長嶋一茂の売れっ子具合は仁子の手腕によるものだという芸能関係者もいるそうですから、仁子は本当にデキる女性なのでしょうね。

今後も仁子と長嶋一茂には力を合わせて頑張ってほしいです。

長嶋一茂の嫁・仁子の実家についての噂がヤバい!


画像引用元:https://times.abema.tv/news-article/4811798

仁子の実家が在日韓国人という噂が浮上していますが、果たしてその真相はどうなのでしょうか?

さらに、仁子の実家が創価学会員だと言いますが、それは本当なのでしょうか?
詳しく切り込んでいきたいと思います。

長嶋一茂の嫁・仁子が在日韓国人説は本当なの?


画像引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0073869

長嶋一茂の嫁・仁子が在日韓国人だという噂については、デマであることが分かりました。

では、どうしてそのような間違った情報が拡散してしまったのでしょうか?

それは、長嶋一茂が過去にモーニングバードに出演をした際に、韓国を擁護するような発言をしたことがきっかけだと言われています。

韓国を擁護する=嫁が在日韓国人だという間違った情報が拡散してしまったのですね。

また、結婚式で仁子の父親の代わりをしていたのが、在日韓国人だったため、父親が在日で娘である仁子も在日と言われたようです。

長嶋一茂の嫁・仁子の実家が創価学会員説の真相は?


画像引用元:https://hochi.news/articles/20190224-OHT1T50103.html

次に、嫁・仁子の実家が創価学会員だという噂についてはどうでしょうか?

こちらに関しても、実家が創価学会員という情報はありませんでした。
このデマが拡散したのも、長嶋一茂が韓国を擁護するような発言をしたことがきっかけと言われています。

なんでも、創価学会の上層部には在日韓国人が多いと噂されているからです。

しかし、信憑性は低く噂の領域を出ないと言えますね。

長嶋一茂の自宅落書き事件の闇が深すぎる!

画像引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Sirabee_20162187134/

そんな中、2012年にある事件が起こります。

なんと長嶋一茂の自宅に「バカ息子」と落書きされてしまったのです。

長嶋一茂はその事件について「うちは娘しかいないのに…」と言っていましたがこのバカ息子とは子供のことでなく長嶋一茂に対する罵倒です。

またしても天然エピソードを披露した長嶋一茂ですが、そもそもこの「バカ息子」は誰が落書きしたものなのでしょう?

ここからは、長嶋一茂の自宅落書き事件に迫ってみようと思います。

長嶋一茂の自宅落書き事件の実行犯は誰だったの?週刊文春である人物が告白!

画像引用元:Gramho

長嶋一茂の自宅に落書きがあったのは2012年の年末のこと。

当時長嶋一茂は警視庁の所轄署に被害届を出したそうですが、この事件は未だに風化されていないようなんですね。

一体だれがこんなことを…と落書き事件の犯人について調べると、ある人物のマネージャーだったと週刊文春で明らかになっていたことが分かりました。

警視庁は週刊文春発売後からその男性マネージャーに事情聴取をしたそうですが、結果的に男性は落書きを認めたといいます。

マネージャーは自身の担当している人物の指図ではなく自分でやったと言っていますが…

ちょっとやりすぎですし何故こんなことになってしまったのかよく分かりません。

何か長嶋家に恨みがなければこんなヒドい落書きをしないと思うのですが…

この落書き事件に切っても切れない人元・大物女優が居た!

画像引用元:https://hochi.news/articles/20200323-OHT1T50087.html

長嶋一茂の自宅に落書きをしたのはある人物のマネージャーだったとさきほどお話ししました。

しかも指図でなく自ら…

このマネージャーが仕える人物は誰なのかというと、この事件と切っても切れないあの元大物女優であることが分かりました。

その人物とは…

画像引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/12589907/

そう、江角マキコです。

彼女と落書き事件が関係していることは当時話題になっていましたもんね。

江角マキコ自身は落書き事件のことを「知らなかった」と語っていますが江角マキコと仁子にどんな関係があるのでしょう?

ここから、江角マキコと仁子の関係をピックアップしてみます。

長嶋一茂の嫁・仁子と江角マキコのママ友バトルが起因だった?

画像引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_32073/

長嶋一茂の嫁・仁子の家に落書きをしたのは江角マキコのマネージャーだったということが明らかになりました。

実は、お二人はもともとママ友同士だったそうです。

当初は分け隔てなくやっていたママ友たちですが、ちょっとしたことで仲が拗れて悲惨な事態に陥ってしまいました。

自宅への落書きも、江角マキコと仁子のママ友バトルに起因しているといいます。

江角マキコと仁子に何があったのかみていきましょう。

江角マキコがやってしまったある行動は?二人の仲は元々悪かったのか?


画像引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/152940

そもそも江角マキコは何故仁子と険悪な関係になってしまったのでしょうか。

二人は、もともと仲がよく旅行や食事をしていたそうです。

二人の関係に亀裂が入るきっかけになったのは、江角マキコがママ友の間で、長嶋一茂の嫁・仁子の悪口を他のママ友に言ったことだったと言われています。
さらに、江角マキコは、すべてを自分が仕切りたがるなど周囲と軋轢を生んでいたとか。

江角マキコってたしかにちょっと気が強い印象ですが、そんなこともあったんですね…

あくまでも週刊誌が報じたママ友の証言ですが、悪口を言いふらすのはあまり褒められたことではありません。

江角マキコの問題行動によりママ友同士で確執があったのは事実のようです。

不仲から加速してしまうママ友いじめ!派閥を作り孤立化、無視を続け子供にも悪影響が!

画像引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201701_post_21272/

江角マキコの行動に対して違和感を感じたママ友やそのリーダー格の仁子は、その後江角マキコに対して報復を与えることになります。

幼稚園で起きた一件から、徐々に江角マキコの周囲からは人が離れていき、ついに仁子と仲違いしてから事態が一気に悪化しました。

仁子のもとに多くのママ友が集まって「反江角派」の派閥が誕生したそう。

徹底的に江角マキコとその周辺の人物を排除する「反江角派」ですが、全員で江角マキコを無視したり彼女と仲良くする人物に対しても悪口を言いまくるなど行き過ぎたママ友いじめを繰り広げていました。

ちょっとひどすぎますね…

江角マキコと仲良くしようものなら、自分が標的にされてしまうのです。

画像引用元:https://芸能人の裏ニュース.com/esumimakiko-genzai/

実際、江角マキコの息子が幼稚園受験をした際には「江角マキコがいかに学校にマイナスな存在か」ということを延々を書き連ねた上申書が何者かによって園及び学校の上層部に提出されたという話が出回っていました。

合否に関係あるかは分かりませんが結果、江角マキコの息子は不合格となってしまいます。

子供まで巻き込むなんて相当な派閥だったんですね。

落書きをしたマネージャーは「(江角マキコが)かわいそうだからやった」と語っていましたが、事実だとしたらたしかにやりすぎです。

ママ友の年齢になってもいじめってあるんですね。

ちょっと怖くなりました。

江角マキコ自身は「自分がいじめにあっていた」と語っていましたが、週刊誌内でママ友は「彼女の行動に問題がある」という旨の発言をしています。

どっちもどっちなんじゃないかと思いますが…

江角マキコには、子供のために節度ある行動をしてほしかったですね。

江角マキコの主張はメディアを通して周知されるがその反面、仁子の情報はメディアで出ないの?

画像引用元:https://mikansan.xyz/archives/3057

このように、江角マキコは落書き事件についてメディアを通して彼女の主張や彼女の周りで起きた出来事が周知されていますが、長嶋一茂の嫁・仁子の主張や状態は一切報道されていませんね。

一体何故…?と気になったので調べてみました。

すると、もともと長嶋一茂はもともとご近所トラブルを含めマナーの悪い人物に対しては静観する姿勢をとる人物だということが明らかになりました。

大人な一面も持っているんですね。

「ザワつく!金曜日」内で長嶋一茂が高嶋ちさ子に落書き事件を指摘されたたときにも「いいのいいの」と寛容な態度をみせていました。

もしかすると、長嶋一茂自身が仁子に「大事にしないで」と伝えているのかもしれません

また長嶋一茂は怒ると我を失うタイプだから落書き事件に激怒しなかったのかも?といわれています。

仁子自身がどう思っているのかは分かりかねますが、長嶋一茂には彼なりの考えがあったんですね。

長嶋一茂の嫁・仁子のバックには大物弁護士がついていたからという噂も!


画像引用元:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1652554/

さらに、長嶋一茂の嫁・仁子についた弁護士が大物弁護士だったという噂も浮上しています。

確かに、仁子の顧問弁護士は、これまでに数々の名誉毀損事件を手がける大物弁護士・弘中惇一という人物でした。

弘中惇一と言えば、日産の元会長であったカルロス・ゴーンの代理人だった人物としても有名ですよね。
ちなみに、弘中惇一の弁護士費用は、1時間3万円!
日当では、2万~10万円になり、それとは別に交通費・宿泊費・印紙代などがかかるとか。

さすが、大物弁護士だと言えますね。

そんな、弘中惇一がバックについていたのであれば、仁子の情報があまりメディアに取り上げられなかったことも納得できます。

長嶋一茂の嫁・仁子は義理の妹とまでトラブルあった!いくら何でも気が強すぎ!

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/810577632912147245/

江角マキコに対して執拗な報復を行った仁子ですが、なんと義理の妹である三奈とも確執があったそうなんです。

仁子、気が強すぎますね(笑)

長嶋一茂の妹・永島三奈は「オフィスエヌ」の代表を務めていますが、オフィスエヌの所有していた「長嶋茂雄」という標章を更新期に長嶋一茂と仁子が代表をつとめる「ナガシマ企画」が無断で新たに登録していたといいます。

仁子はナガシマ企画の社長をつとめていますから、商標登録に関与しているのでは?と噂されています。

現在は裁判沙汰に!?長嶋一茂と長嶋家との確執に嫁・仁子が裏で関与している?


画像引用元:https://goetheweb.jp/lifestyle/slug-n88d7cc1bf054

一時は芸能プロダクションの社長にも仲介をしてもらい、和解交渉をしていたようですが結局は、決裂してしまいました。
未だに、対立は続いているとか。

この騒動にも、嫁・仁子が関与しているとネット上では噂されていたのです。

長嶋一茂を支えているという点では素敵な人物である仁子ですが、江角マキコをいじめていたり商標登録を勝手にしたりとちょっとやりすぎな部分があるようです。

「最低」の噂もこのへんからきたのかもしれませんね。

まとめ

画像引用元:https://biz-journal.jp/2019/02/post_26735.html

今回は長嶋一茂の嫁・仁子に関する話題をお届けしました。

いかがだったでしょうか?

長嶋一茂が元ホステスと結婚していたなんて驚きです。

しかも江角マキコとこんな確執があったなんて…

江角マキコは現在現役を引退してしまいましたが、仁子はそのことをどう思っているのでしょう。

長嶋一茂の大人な一面で落書き事件は大事にならずに済んでいますが、今後が気になります。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする