伊沢拓司を育てた両親の職業や教育方針が凄い!息子をやる気にさせた父親の言葉とは?

Pocket

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGXZ-KWhbNH/

伊沢拓司は1994年5月16日生まれの26歳です。(2020年10月現在)クイズプレイヤーやYouTuber、起業家として様々な分野で活躍をしています。

伊沢拓司は中学のときに「開成学園クイズ研究部」に所属していたほど大のクイズ好きでした。

そして第18回高校生オープンで、中学生では史上初となる優勝を果たしています。

さらに高校1年生時ではクイズ番組「第30回大会・全国高等学校クイズ選手権」に出場し、開成高校を初優勝へと導いたのです。

昔から天才少年と言われてきた伊沢拓司ですが、今回はそんな伊沢拓司を天才に導いた両親にスポットを当てました。

一体どのような教育方針だったのか見ていきましょう。

関連コンテンツ

伊沢拓司を天才に育てた両親(父親・母親)がどんな人か気になる!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CFlrTicJaOt/

今や日本のクイズ王といして君臨した伊沢拓司ですが、そんな伊沢拓司を育てた両親について調べました。

やはり教育方針が人とは違ったようです。一体どのようなことをして天才を生み出したのかを見てみましょう。

伊沢拓司の父親が『深イイ話』に登場しぶっ飛んでいると話題に!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CF5u11UJIcg/

2020年9月7日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』に伊沢拓司の父親が登場しました。視聴者からは「ぶっとんでる」「さすが伊沢父」などの声が上がっていたと言います。

ここでは伊沢拓司の父親に関してピックアップしました。

伊沢拓司の父親の名前や年齢は?画像が見たい!

伊沢拓司の父親は伊沢隆司と言います。伊沢家では子供に「司」という名前を入れて代々受け継がれているようです。

伊沢隆司は1965年3月、茨城県生まれの64歳

伊沢拓司の父親は冗談好きで付き合いもよく、夜にほろ酔いで帰ってくることもあったようですね。

『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演した際の動画です。

そしてこちらが伊沢拓司の父親の若かりし写真です。

少し変わった感じのオーラが出ていますね。

画像引用元:https://30first-time-experience.com/izawatakushi-father/#i

伊沢拓司の父親・伊沢隆司の現在の職業は旅人!?

『人生が変わる1分間の深イイ話』のスタッフが伊沢拓司の父親に職業をたずねるとこのように答えていました。

「旅人をしております」

まさかの回答が飛び出して早速視聴者の心を鷲掴みしたのです。

どうやら伊沢拓司の父親は退職してから自らを「自由人」として名乗っていました。趣味はあちこち旅行に行くことでした。

銭湯も大好きで、600を超える銭湯巡りをしたと話していたようです。そのため伊沢拓司は父親の消息がわからないことも多いとか。

実は凄い人?伊沢拓司の父親は養命酒の超敏腕コピーライターだったってマジ!?

伊沢拓司の父親は「養命酒製造」に就職していました。仕事内容は主に広報畑で勤務し、同社広告のコピーライティングをしていたようです。

そこでは数々のヒット広告を生み出したと言われています。

2018年に退職したようですね。養命酒製造の平均年収は580万円でした。伊沢拓司の父親は敏腕コピーライターなので、もう少し高い年収だったのではないでしょうか。

養命酒製造とはどんな会社?

養命酒は400年以上前からある薬酒です。ロゴも昔のままで日本最古の商標と言われています。CMを目にした人も多いのではないでしょうか。

養命酒は肉体疲労や冷え性、食欲不振に働きかけ、正常に保てるようにたくさんの薬草を配合しています。

今のキャッチコピーは「丈夫なからだへ。それ、一、二、三」でした。伊沢拓司の父親もこのようなキャッチコピーを考えていたようですね。

伊沢拓司の父親・伊沢隆司もやっぱり高学歴なのか?

伊沢拓司は東大出身ということで有名です。2017年4月に東京大学大学院・農学生命科学研究科・農学部・農業・資源経済学専攻へ入学し、2019年3月に中退しています。

中退の理由についてはクイズに専念をしたいからということです。

気になる伊沢拓司の父親もおそらく高学歴でしょう。

調べてみたところ伊沢隆司は水戸第一高校に入学した後、早稲田大教育学部に入学していました。

やはり高学歴家族だということが分かりますね。

伊沢拓司の母親はどんな人なの?職業は新聞社のリサーチャー?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGXNs6IpwlC/

母親は長年新聞記事のリサーチャーとして働いていたことがあるようです。おそらく父親と同じ還暦を迎えて今は自由人なのではないでしょうか。

リサーチャーというのは市場調査や世論調査、企業調査など幅広くリサーチしていく仕事です。

ちなみに朝日新聞のリサーチャーの平均年収は500万円のようです。アルバイト募集などもあるみたいですね。

母親は伊沢拓司が保育園に通っていた時から勤めていたので、かなりのキャリアを積んでいたと思われます。

伊沢拓司を天才に育てた両親はどんな教育方針だったの?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGWy9XQBlcz/

世間では伊沢拓司を育てた両親の教育方法に注目しています。一体どのような方法で育てたのでしょうか。

伊沢拓司は父親が言うジョークやオヤジギャグで語彙力を増やしたって本当?

深イイ話ではチョコチョコオヤジギャグを飛ばしていたようです。

例えば

・「玄関は冬になるとすごい寒いんですよ。厳寒(玄関)ちゅうくらいで」

・スタッフから「絵馬がすごいですね」と言われて「え~ま~」と返す

など。まだ幼い伊沢拓司に対して容赦無くオヤジギャグを言い続けていたようです。しかし伊沢拓司はそれをしっかり受け止め、オヤジギャグに対してこのようにコメント。

『そこで学びを得ていくというか言葉を覚えていく』と話していました。

どうやら父親はとても口達者のようで、親戚の結婚式で司会をすると「本業の方ですか?」と聞かれると言います。

またラジオ番組『ジェットストリーム』の番組の決まり文句があります。それは『夜の静寂(しじま)の~』から始まります。

それを父親がまねたときがあったようです。『しじま』を知らなかったので父親に聞くと、『しじまというのはね…』と教えてくれたのです。

そうして語彙が増えていったと話していました。父親のことをバカにせず、何かを学びとろうとする伊沢拓司の姿勢も素晴らしいですね。

伊沢拓司は本好きの両親の影響で読書が大好きに!?

伊沢拓司はとても本が好きなようで、両親の影響を大きく受けていました。

伊沢拓司の実家は歴史小説などの本だらけで、伊沢拓司が物心ついたときには、日本歴の学習漫画が本棚に並べてあったようです。

子供なので漫画から勉強する方がすんなり入りやすいようですね。実際に伊沢拓司はまんまと両親の思惑にはまり、気が付いたら手に取っていたと話しています。

休日には父親に連れられてブックオフに行き、ずっと立ち読みをしていたようです。

伊沢拓司の両親は息子が興味を持ったことに徹底的に付き合う!

伊沢拓司は幼い頃電車にはまっていたそうで、父親が電車のビデオを借りてきてずっとみた後、電車の見える場所にいき、飽きるまで一緒にみていたようです。

そして次にはまったのがサッカーでした。サッカーができるような環境を両親が作ってくれて、サッカー教室にも通わせたようです。

ヨーロッパ選手が出場するサッカーのチケットを購入して一緒に観にいったとか。さすがにここまで徹底して、付き合ってくれる両親も少ないのではないでしょうか。

勉強ができなかった幼少期の伊沢拓司をやる気にさせた父親の言葉が凄い!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGWOW_FJjAa/

昔勉強が苦手だった伊沢拓司に父親がこんなことをいました。

「今度のテストで10人抜いたら1人1000円ね」とニンジンをぶら下げたのです。伊沢拓司の父親は良い成績を取ったらご褒美を与える手段に出ました。

これに対して伊沢拓司の父親の考えとしてこのように述べています。「例えば、タダで勉強しろと言われても、会社行って給料出ないのと一緒」とのこと。

最初のご褒美はゲームだったようで、一年とにかく頑張ってゲームソフトをゲットしました。

そしてこの頃になると「ゲームよりも、人を順位で抜かす感覚が楽しくなった」と伊沢拓司はコメントしています。

負けず嫌いというのもあったのかもしれませんね。

伊沢拓司が今でも意識しているという最後に父親に叱られたエピソードとは?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGTtKWqpEu5/

小学2年に父親から最後に叱られたときの記憶があるようです。

それはサッカー少年だった伊沢拓司が、W杯日韓大会に夢中だった時のこと。

日本代表がベルギーに失点を喫した場面で伊沢拓司が「今のは川口だったら、絶対止められたよ」と言ったのです。

これに対して伊沢拓司の父親は「絶対という言葉を軽々しく使うな」と叱ったと言います。

父親は絶対ということはなく、物事を決めつけるのは良くないとしかったようです。

叱られた伊沢拓司は反省をしてこのように考えたようです。

「普段はちゃらんぽらんな父がまじめな顔になって。そりゃそうだ、調子に乗ったな、軽々しく絶対という言葉を使うとダサいな、って思った」

反抗せず反省する伊沢拓司も素晴らしいですね。

伊沢拓司に兄弟はいるの?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGRrJR9A1Qv/

伊沢拓司は一人っ子のようです。兄弟がいればその兄弟も活躍をしたことでしょう。しかし一人っ子というのは成功している人が多いと言います。

その理由について調査しました。

一人っ子は学力が高く成功している人が多い?その理由は?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGPK_7LpkNK/

一人っ子は親とマンツーマンで過ごせることが多く、自己中心的で上昇志向が強くなる傾向にあります。

そのため成熟するスピードも早く、学力が高くなるという研究結果もあるようです。一人っ子は長男・長女と同じように、経営幹部クラスや、年収1000万越えになる可能性が高いと言われています。

しかし、兄弟がいる人よりも仕事に満足できない可能性もあると報告されています。一人っ子で成功している芸能人はたくさんいました。

・マツコ・デラックス

・オダギリジョー

・二階堂ふみ

・芦田愛菜

・柴咲コウ

・松岡昌宏

・高畑充希

今は少子化なので一人っ子も当たり前のようになってきましたね。その中からさらに素晴らしい人たちが出てくるのでしょう。

スポンサードサーチ

まとめ

画像引用元:https://www.instagram.com/p/CGJsa6RpCb0/

伊沢拓司は素敵な両親のもとで育ったようですね。一人っ子だったので親からの愛情もたくさん受けたというのが分かります。

クイズ東大王で一気に有名になった伊沢拓司は、これからも飛躍していうことでしょう。父親の教えてもらった語彙を大切に使っているので、コメントも秀逸しています。

母親の情報はそれほとありませんが、とても素晴らしい人であるのがわかるのではないでしょうか。

クイズブームはまだまだ終わらないので、クイズ番組やバラエティなどで引っ張りだこになるでしょう。

これからの活躍を見守りたいと思います。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする