カズレーザーは実は〇大を狙える学力だった?同志社大卒で叩かれる理由とは?

Pocket

画像引用元:https://www.instagram.com/p/B6wae7qF40i/

ガズレーサーさんは1984年7月4日生まれの35歳で、お笑いコンビ『メイプル超合金』のボケ担当をしています。

本名は金子和令といい、「令和」を反対にした名前ということでも話題になりました。

高校のときからずっと赤色の服を着ていたといい、当時でもちょっとした有名人だったようです。

しかし、カズレーザーさんは同志社大学卒ということで、何やら世間から叩かれいるという噂が。

今回はそんなカズレーザーさんにスポットを当てていきます。なぜ叩かれているのか、またカズレーザーさんの学力はどのくらいなのかをみていきましょう。

カズレーザーが狙っていた本命大学は京大だった?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BzLMNCRlPyn/

カズレーザーさんが本当に行きたかった大学は京都大学といわれています。

そのため、滑り止めのために同志社大学を受けて合格したのですが、そこで力尽きて京都大学に落ちてしまったといいます。

「東洋経済ONLINE」のインタビューでカズレーザーさんが、このようにコメントしていました。

『もともと一人暮らしをしたいと思っていて、自宅(埼玉県)から遠くにある大学に行きたかったんですよ。でも、試験勉強は嫌いで。

同志社大学はセンター試験で最初に受かったのですが、そのあとは緊張の糸が切れてしまって、そのまま同志社大学に決めました。』

とのことです。京大を受けたということはうまく濁している感じがしますね。

カズレーザーは同志社大卒で叩かれる理由はなに?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/ByVN31QlLaK/

京都大学出身にはお笑いコンビ「ロザン」の宇治原史規さんがいます。もし、その京都大学に落ちていたともなれば、番組などでいじられるのではないでしょうか。

そもそもなぜカズレーザーさんが、同志社大学卒で叩かれるのかを調べてみました。

カズレーザーは学歴を否定されてズタボロだった?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/Bx6YaQqF3j7/

カズレーザーさんは、2016年4月に放送された「現役医師vs最強インテリ芸能人」でも決勝ラウンドに進出しました。

京都大出身の宇治原史規さんにもクイズに勝ち、2位になっています。そのため、インテリ芸人や高学歴芸人のイメージが定着したようです。

カズレーザーさんも高学歴だという自覚があるようで、「文化人になりたいけど、お笑いのボケが邪魔になる」という悩みを打ち明けていたといいます。

しかし、これに対して世間では「同志社って高学歴?」「同志社が名門?笑わせてくれるわ」「ギリギリ高学歴だけど他に比べてそれほどでもない」

などと辛辣なコメントもされているようです。

これをコメントした人たちは、東大や京大などの名門校の人ばかりなのでしょうね。

同志社大学はホントに難しいの?入学難易度は?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BxeVeHUF1Z9/

カズレーザーさんは同志社大学の商学部に入学しています。世間一般的に見てみると、同志社大学はどのくらいの難易度なのでしょうか。

学歴を批判されるくらいなので、偏差値が高くないように思えます。同志社大学商学部の偏差値をみてみましょう。

同志社大学商学部の偏差値は特に高い?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/Bw2Q2A5Fao2/

同志社大学商学部は自分が興味のある講義を選択して受講でき、自由が尊重されるコースです。

さらに、経済の流れの専門的な知識を得ることができ、企業系なども勉強しています。気になる偏差値は62.5から65でした。

京都大学だと62.5から72.5、慶応義塾大学だと60から72.5です。比べてみると少しだけ同志社のほうが低い感じがしますが、あまり気にならない感じのレベルではないでしょうか。

とはいえ、カズレーザーさんははっきりと自分の意見をいうため、世間からの賛否が分かれやすいのが特徴です。

同志社大学を滑り止めにしたということなので、同志社大学を本命にしていた人にやっかまれたのかもしれません。

ちなみに、関西だと「京都大学」に落ちた際の滑り止めとして、「同志社大学」を受験する人が多いです。

そのため、一部から批判されてしまったのでしょうか。

カズレーザーの高校は超進学校?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BwZCAUgF8XP/

カズレーザーさんは「クイズ王」でも成績優秀で、その頭のよさが際立って目立っています。

カズレーザーさんは偏差値が高い同志社大学に通っていたため、高校も気になるところです。どのような高校に通っていたのかをみていきましょう。

カズレーザーの高校の名前や偏差値は?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BuludjPl_y-/

カズレーザーさんは埼玉県出身なので、埼玉県立熊谷高等学校に通っていました。この高校は国公立大学や、私立の難関大学への進学率も高いので有名です。

埼玉県立熊谷高等学校は男子校で、文部科学省から進学指導重点推進指定校として指定されたスーパーサイエンスハイスクールでした。

学科は普通科のみで、2年次に文系と理系に分かれます。偏差値は2020年度で67を記録していました。

全国でも上位にくる高校なので、十分に難関大学を目指せる学校です。きっとカズレーザーさんはここで学力を鍛えたのですね。

カズレーザーが一般就職せずにお笑い芸人を目指した理由が意外過ぎる?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BuaoOCJFs2F/

もともとカズレーザーさんは、高校のときからお笑いは好きだったようです。同志社大学の入学式の日に喜劇研究会に入り、在学中ずっとサークルに入り浸っていたとインタビューで話しています。

同志社大学に入ったのにも関わらず、就職活動を行わなかったといいます。

東洋経済ONLINEのインタビュー記事に『極力仕事したくないのでコスパのいい仕事は何かなーと考えたとき、横綱かなと思ったのですがさすがに今からじゃ無理だなって。

 あと何かなーと考えたとき、もともとお笑い好きだったから芸人になろうって思いました。』と思い立ったようです。

卒業したあとは東京に戻り、今の事務所であるサンミュージックプロダクションの養成所に入ったといいます。

『お金は稼げなかったけど、やっていて楽しかったので、全然苦ではありませんでした。』ともコメントしています。この頃からなんとなく覚悟を決めていたのかもしれませんね。

高学歴な芸能人まとめ

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BkRp9abA8Pq/

高学歴な芸能人を10人ピックアップしました。やはり高学歴となれば東京大学出身や、慶應義塾大学出身の人がピックアップされやすいようです。

  • 松重豊さん(明治大学文学部文学科)
  • トリンドル玲奈さん(慶應義塾大学)
  • KREVAさん(慶應義塾大学環境情報学部)
  • 桝太一さん(東京大学)
  • 高田万由子さん(東京大学文学部)
  • 宇治原史規さん(京都大学)
  • 八田亜矢子さん(東京大学二科二類)
  • 菊川玲さん(東京大学工学部)
  • 草野仁さん(東京大学)
  • パトリック・ハーランさん(ハーバード大学)

などなど現在も活躍している人が多いですが、高学歴を活かして活動している人もたくさんいました。

中でも、トリンドル玲奈さんが高学歴だと知らない人も多いのではないでしょうか。

まとめ

画像引用元:https://www.instagram.com/p/B1x3H60lM-O/

カズレーザーさんは独自の視点で発言をしていて、若者に絶大な人気を得ています。同志社大学は、立派な大学なので高学歴として自慢してよいのではないでしょうか。

相方でもある安藤なつさんが結婚をした件について「興味がない」と発言をし、話題になっていますが、相方に対して「ずっと同じ感覚でいたいから」という理由に共感を得ています。

これからも目が離せないカズレーザーさんですが、高学歴を活かしてさらなる飛躍をしていきそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする