大坂なおみの父親の素性がヤバい!コーチと映画監督の二刀流?国籍や離婚歴も徹底調査!

Pocket


画像引用元:https://spread-sports.jp/archives/10728

日本を代表するプロテニスプレイヤーの大坂なおみは、男女通じてアジア人初となる世界ランキング1位に輝いた実績を誇っています。
豪快なプレイと片言な日本語でのインタビューのギャップが人気を呼んでいます。

そんな、大坂なおみの家族はどういった人物なのでしょうか?
今日は、大坂なおみの父親にスポットライト当ててみたいと思います。
知られざる大坂なおみの父親の年齢、国籍、職業について徹底追及していきたいと思います。
また、大坂なおみの両親の馴れ初めについても切り込んでいきたいと思います。

というわけで、大坂なおみの父親についてあれこれ調査してみました。

大坂なおみの父親はどんな人?素性を徹底リサーチしてみた!


画像引用元:https://number.bunshun.jp/articles/-/839234

日本人初のグランドスラムシングルス優勝、プレミア・マンダトリー優勝をして、WTAアワード年間最優秀新人賞を受賞した大坂なおみは、22歳でアメリカと二重国籍でしたが、日本の国籍を取得しました。
日本代表を選んだ理由として、アメリカは強豪な選手が多いため、強豪な選手が少ない日本の方が、代表枠を狙うことができるという父親の提案からだと言います。
また、大坂なおみが母親の姓を名乗る理由として、日本で部屋を借りる時でも日本名の方が借りやすいからという、全てプロテニスプレイヤーになるための策略だと言えます。

そんな、世界と戦うプロテニスプレイヤー大坂なおみを育て上げた父親とは、一体どんな人物なのでしょうか?
名前や年齢、出身や職業はどういったものなのでしょうか?
また、映画監督と英会話の講師という二足の草鞋を履いていたと噂されていますが、その真相はどうなのでしょうか?

詳しく深堀していきたいと思います。

大坂なおみの父親の名前、年齢などについての基本情報。画像あり?


画像引用元:https://tennis.jp/news/archives/226597

大坂なおみの父親の名前は、「レオナルド・マキシム・フランソワ」と言います。

こちらが、当時大坂なおみのコーチをしていた時のレオナルドの画像です。


画像引用元:https://7fun.info/oosaka-naomi/

気になる父親・レオナルドの年齢ですが、残念ながら公表はされていませんでした。
噂では45歳~50歳ぐらいだと言われています。大坂なおみの母親・環も48歳~50歳前半だと言われていますので、同じぐらいの年齢だと言えますね。

大坂なおみの父親の出身地や国籍は?


画像引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20190130_859702.html

では、父親・レオナルドの出身はどこなのでしょうか?
調べてみると、アメリカ合衆国の中南米にあるハイチ出身だということが分かりました。父親・レオナルドの親はハイチ系アメリカ人だそうです。

父親・レオナルドの学歴は、ニューヨーク大学を卒業していました。
ニューヨーク大学はアメリカでも人気の大学のひとつで、かなり偏差値は高いと言われています。
エリートだったのですね!
学生時代は、高身長を活かして、バスケットボールをしていたそうです。テニスとは無縁の学生時代だったと言えます。

大坂なおみの父親の職業はコーチと映画監督の二刀流?以前は、英語教師も務めていた?


画像引用元:https://jisin.jp/sport/1708861/

ネット上では、父親・レオナルドは英会話の講師と映画監督をしていたと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

調査してみたところ、父親・レオナルドは大学を卒業後、1994年に北海道札幌市の駅前留学の英会話の講師として勤務をしました。
1995年に母親・環と結婚をして、新居は大阪市西区の九条駅周辺に引っ越しをしたそうです。
そこでも、英会話の講師として勤務していたと言います。

姉のまりと大坂なおみが生まれて4歳の時に家族4人でアメリカのニューヨークに移住して、9歳になる時にフロリダへ移住しました。
その時に2006年「Selfish Love」で、映画監督とプロデューサーデビューを果たのです。
そして、2009年に映画「Hard Time」で映画監督を務めています。
こちらが、その映画の予告動画です。

ちなみに、2006年に「Selfish Love」には子役として、姉のまりと大坂なおみが出演しているそうです!
大坂なおみは子役デビューもしていたのですね。

こうしてみると、裕福な家庭環境にあったと言えます。実際に、姉のまりと大坂なおみは、フロリダ州のBroward Virtual中高一貫の通信制の学校を卒業しています。
高校卒業後にフロリダ大学へ進学をしますが、テニスに専念するために中退をしています。

映画監督と英会話の講師という二足の草鞋を履いていたなんて凄いですよね!

娘を世界一のテニスプレーヤーに育て上げたコーチ力と教育方針がヤバい!


画像引用元:https://tennis.jp/news/archives/226219

父親・レオナルドは、2012年までは映画監督として活躍をしていましたが、大坂なおみが2013年にプロに転向して以降、コーチに専念するために仕事を退職したそうです。

娘二人をプロテニスプレイヤーに育て上げた教育方針がネット上で話題を呼んでいました。

テニスを始めるきっかけになったのは、大阪に移り住んだころ、テレビで見たセリーナ・ウィリアムズとビーナス・ウィリアムズ姉妹の試合だったと明かしています。
父親・レオナルドは、バスケットボールを教えようと思っていたのですが、個人戦もあるテニスの方が子どもの成長に良いという判断からテニスを教えたのです。

練習ではコーチを付けずにテニスコートや公園などで練習をしていたというので驚きです。その理由は、「ウィリアムズ姉妹がそうしていたから」と言います。
独自の教育方針が見事に結果に繋がったのだと言えますね!

大坂なおみの父親は日本語はペラペラに話せるの?


画像引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20190130_859702.html

そんな、大坂なおみ父親・レオナルドは日本語は話せるのでしょうか?

調査してみたところ、父親・レオナルドが英会話の講師として勤務していたころは、近所でも人気の外国人だったようです。
何と「大阪弁を喋るひょうきんなアメリカ人」として有名だったそうです。さらに、大坂なおみの母親・環も強烈な個性で面白い人として知られ、大坂なおみがプロテニスプレイヤーになったら面白いと話題を呼んでいたと言います。

こちらが、父親・レオナルドが日本語でコメントを語っている動画です。

かなり流暢な日本語ですよね!

大坂なおみは何故、日本語が不自由なの?


画像引用元:https://tennis.jp/news/archives/226597

大坂なおみは、片言の日本語で可愛いとネット上で話題を呼んでいました。
では、なぜ日本語が苦手なのでしょうか?

大坂なおみは当時、大阪市西区の九条駅周辺に住んでいました。その後、米国へ移住しました。小学校から高校をアメリカで育ったために日常生活でほとんど日本語を使う事が無かったために、現在はまだ片言でしか日本語は話す事はできないのです。

「日本を代表するなら、日本語ぐらい話せないといけないと思う」と日々、日本語をYouTubeで勉強をしているそうです。

努力家ですよね!尊敬します。

大坂なおみの父親の離婚説はガセ!妻との出会いが気になる!


画像引用元:https://number.bunshun.jp/articles/-/839234

そんな、大坂なおみの両親は現在離婚したと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

調査してみたところ、離婚はしておらず現在は大坂なおみと母親・環がフロリダに住んでおり、父親・レオナルドとは別居中だということが分かりました。
そのため、離婚したというデマが広まってしまったようです。

次に二人の馴れ初めはどういったものだったのでしょうか?

母・環さんは北海道根室市出身で、父・レオナルドさんが英会話の講師として札幌に滞在している時に出会いました。交際して間もなく母親・環の両親に結婚を報告をしたところ、外国人という理由から猛反対をされたのです。
二人は周囲の反対を押し切って結婚し、大阪に移住をしました。そして姉のまりと大坂なおみが生まれたのでした。

幼い頃の家族写真の画像が、こちらです。


画像引用元:https://よろずの情報館.com/archives/3920

10年以上母親・環の両親とは絶縁状態だったのです。現在では、良好な関係で大坂なおみの日本の住所は、北海道根室市に登録をしていると言います。
大坂なおみの両親は、かなり壮絶な人生を送っていたのですね。

まとめ


画像引用元:https://spread-sports.jp/archives/10728

プロテニスプレイヤーとして日本代表として活躍をする大坂なおみの父親・レオナルドについて調査してみました。

父親・レオナルドの出身は、アメリカ合衆国の中南米にあるハイチ出身で、ニューヨーク大学を卒業しているエリートでした。
北海道札幌市で駅前留学の英会話の講師として勤務していました。そこで、母親・環と出会い結婚を決意します。母親・環の両親からの反対を押し切り、大阪へ移住します。
大阪でも関西弁を話す英会話の講師として、人気だったそうです。

大坂なおみが4歳の時に、アメリカへ移住して映画監督としても活躍をしていました。
しかし、大坂なおみがプロへ転向すると共にコーチに専念するため仕事を辞めたのです。

テニス未経験者でありながら二人の娘をプロテニスプレイヤーに育て上げた父親・レオナルドは凄いと思いました。
今後も世界で躍進する大坂なおみから目が離せませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする