アンジャッシュ・児嶋一哉の嫁・坪井志津香は元タレントで調査したら経歴がヤバかった!

Pocket


画像引用元:https://twitter.com/unjashkojima/status/1020909315325026304

お笑いコンビ・アンジャッシュのボケ担当の児島一哉は、最近では俳優としても活躍をしています。
シリアスからコメディまで幅広く演技ができ、注目が集まっています。そんな、児島一哉の嫁・坪井志津香は元タレントだったと言われていますが、それは本当なのでしょうか?

二人の馴れ初めやプロポーズの言葉、夫婦生活はどういったものなのでしょうか?

さらに坪井志津香の人物像について徹底追及していきたいと思います。
というわけで、児島一哉の嫁・坪井志津香についてあれこれ調査してみました。

児嶋一哉の嫁は元タレントの坪井志津香!調査したら経歴がヤバかった!


画像引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2140315/full/

児島一哉の嫁・坪井志津香の経歴や年齢についてはどうでしょうか?

坪井志津香の生年月日は、1975年9月10日で年齢は(2020年4月現在)44歳です。児島一哉よりも3歳年下ということにありますね。
出身は、岡山県倉敷市です。

気になる顔写真が、こちらです。


画像引用元:https://kyun2-girls.com/archives/2587

とても綺麗な方ですよね!

児嶋一哉の嫁・坪井志津香はアイドル業やバラエティなど幅広く活動していた!


画像引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/15544520/

坪井志津香の経歴はどういったものなのでしょうか?

坪井志津香は、2000年5月に放送されたバラエティ番組「内村プロデュース」にも出演していたことが分かりました。
出演した企画は、「誰が一番、溺死体の役になれきれるか」を競った内容でした。その中で誰よりもリアルな溺死体を演じた坪井志津香が優勝をしたのです。

今ではなかなか考えられない企画と言えますよね。

児嶋一哉の嫁・坪井志津香はバンド活動もしていてそのメンバーが凄かった!


画像引用元:https://news.nicovideo.jp/watch/nw6107004

タレント業だけではなくアイドルとしても実は活躍をしていたのです。

それは、2003年9月に結成された「NO BOTTOM!」というお笑いと音楽を融合させた音楽ユニットの初代ボーカルとして活躍をしていました!

「NO BOTTOM!」は、「ボキャブラ天国」シリーズで人気を得た底ぬけAIR-LINEが中心となって活動した音楽ユニットです。
ピコ太郎として一世を風靡した古坂大魔王率いるユニットなのです!

それが、この動画です。

結成した翌年の2004年には、無名だったた音楽イベントや対バンなどに参加をしていたそうです。

時には、マネージャーの車1台にメンバーが相乗りして、北は青森から南は九州まで周ったこともあったとか。そんな、下積み時代を乗り越えていたのですね!

また、アイドルユニット「レモンシュガー」としても活動をしていたこともあるそうです。

ピコ太郎の相棒だったというのは、驚きですよね!

児嶋一哉と嫁・坪井志津香の出会いや馴れ初めは?世間はあまり関心がない?


画像引用元:https://www.zakzak.co.jp/ent/news/181023/ent1810238914-n1.html

児島一哉と元アイドルの坪井志津香の馴れ初めはどういったものだったのでしょうか?
噂では、児島一哉の初カノだったのが坪井志津香だったと言われていますが、果たしてその真相はどうなのでしょうか?

さらに、気になるプロポーズについても詳しく切り込んでいきたいと思います。

児嶋一哉と嫁・坪井志津香の交際期間は15年!児嶋一哉にとっては初めての彼女で「純愛」だった!?


画像引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/21/gazo/20171021s00041000168000p.html

気になる二人の馴れ初めについてですが、残念ながら二人の出会いは分かりませんでした。
しかし、坪井志津香はお笑いと音楽をコラボしたユニットである「NO BOTTOM!」の初代ボー活ですから、お笑い芸人との繋がりがきっかけだったと推測できますよね!

さらに、二人が知り合った当時、児島一哉が22歳で、坪井志津香は19歳だったというので、お互い駆け出しだったこともあり、意気投合をした可能性が高いと言えます。

交際期間は、何と15年という長い期間で驚きです。その期間に、破局と復縁を繰り返していたそうですが、児島一哉の初カノが坪井志津香というので、純愛だと言えますね。

児嶋一哉はプロポーズを断られ続けていた!嫁・坪井志津香はしつこさに根負けした?


画像引用元:https://bunshun.jp/articles/-/7057

そんな、二人ですが2011年9月10日にプロポーズをしたそうです。

気になるプロポーズですが、さすが芸人とも言うべきエピソードがありました。
それは、店で食事をしている最中に何気なく「結婚しようか」と告げたそうです。すると、坪井志津香は「ごめん、気持ち悪くなってきた…」と言って何と帰ってしまったとか。
それ以降、児島一哉は「プロポーズがトラウマになった」と後に明かしていました。

気持ち悪くなってしまったのは、可哀想ですよね。確かに、そんな出来事があるとトラウマになりそうです。

その後も、何度かプロポーズをしてOKを貰ったそうです。

児島一哉は結婚の決め手については「僕の中にはこの人しかいない」と想い続け、「歳も歳だし、向こうも『こいつでしょうがないか』って思ってくれたんじゃないですかね」と語っていました。

児嶋一哉は嫁・坪井志津香の故郷で結婚式を挙げるも相方・渡部建は呼ばれず激怒!?


画像引用元:https://www.kadokawa.co.jp/topics/1527

二人は、坪井志津香の故郷である倉敷市で挙式を挙げました。
相方の渡部建には「身内だけでやるから」と挙式へ招待はしなかったそうですが、実際にはスタッフなど100人ほど招待されていたというのです。

その仕返しに、今度は渡部建は佐々木希との結婚発表を児島一哉に報告をしていなかったのです。

噂では、渡部建は結婚式に招待しなかったことを相当根に持っていると言われていました。
確かに、苦楽を共にした相方を結婚式に招待しないのは、意外だと思いました。

児嶋一哉の嫁・坪井志津香に浮気疑惑あり?子供がいない原因になってる?


画像引用元:https://bunshun.jp/articles/-/7057

結婚発表では「子どもは欲しいので、近い将来、頑張ります!」と意気込みを語っていた児島一哉ですが、二人の間に子どもはいるのでしょうか?

調査してみたところ、子どもはいないようです。

その理由として、今は夜の営みがないことを公言していたのです。さらに、相方の渡部建から「15年の純愛みたいになってますけど、間違いですから。“金銭で解決できる場所”にはよく行っているので、それを浮気とするかどうかですね」と暴露されていました。

お店を浮気と捉えるかどうかということになりますよね。

児嶋一哉が変人・バカすぎてヤバイ!夫婦生活は大丈夫?


画像引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/21/gazo/20171021s00041000168000p.html

児島一哉は芸能界でもかなりの変人だと言われています。
夫婦生活は大丈夫なのでしょうか?

児島一哉の変人エピソードと世間の味方についても、詳しく探っていきたいと思います。

児嶋一哉は協調性ゼロのバカで結婚には向いていない?


画像引用元:https://www.zakzak.co.jp/ent/news/181023/ent1810238914-n1.html

児島一哉は、交際中もかなり変わっていたそうで、例えばデート中にバイクに乗せてても「このお店に寄りたい」と言う坪井志津香の声を無視してまっすぐに家に帰るのだとか。
児島一哉の趣味は、バイクで特技は、麻雀だそうです。
意外にもプロ雀士の資格を持っていると言います。

坪井志津香の影響で、ももクロの大ファンになったそうです。
こうしてみると、坪井志津香とは価値観が一致しているように感じますね!15年もの間、一緒に居られるのは、誰よりも児島一哉という人物を理解していないと出来ません。

児嶋一哉のバカ舌の破壊力が半端ない!料理も作り甲斐がなかった!?


画像引用元:https://news.nicovideo.jp/watch/nw6107004

さらに、児島一哉は自他ともに認める味音痴なのです。

牛と豚、キャベツとレタス、キノコ類など食材の区別はつかないと明かしていました。
しかし、「美味しいっていう感覚はある」と主張しており、周囲から「イチバン美味しくなかったもの」を尋ねると、「美味しくないモノってあります?」と首を傾げたとか。

ネット上では、何でも美味しいと言って食べてくれるのは羨ましいという意見が挙がっていました。

離婚の理由の原因として、料理に文句を言うことがありますが、何でも美味しいと言ってくれるのは逆に夫婦円満の秘訣かもしれませんね!

児嶋一哉の嫁・坪井志津香のママ友会「MNS」が話題になっていた!


画像引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/15544520/

坪井志津香が所属するママ友会が、現在芸能界で注目を集めてました。それが「MNS」なのです。

MNSとは一体どんな会で、誰が所属しているのでしょうか?

ママ友会「MNS」はどんな会?加入希望者は後を絶たない程の人気になっている!?


画像引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2140315/full/

MNSは、タレントの山口もえ、アーティストの森山奈歩、そして坪井志津香の3人の名前の頭文字を取ったグループ名です。

この三人の共通点は、旦那がお笑い芸人であるということです。山口もえの旦那は、爆笑問題の田中裕二で、森山奈歩の旦那はおぎやはぎの小木博明です。

では、MNSとは何を行っているのでしょうか?
MNSの目玉行事は、海外大型スーパーであるコストコなどに行って、買い物をしてみんなでシェアするというものです。

注目をされている理由として、「庶民派」を挙げることができます。売れっ子芸人の嫁が購入スーパーではなく、大型のスーパーで仲良くシェアをするという庶民派が好印象を与えているのです。

そのためMNSメンバーにあばれる君、デンジャラスのノッチ、ダイノジの大地洋輔らの嫁が入会し、買い物に同行しているとか。

かなりの人気のママ友会であると言えますね!

まとめ


画像引用元:https://twitter.com/unjashkojima/status/1020909315325026304

お笑いコンビ・アンジャッシュのボケ担当の児島一哉は、15年もの交際期間を経て2011年9月10日に結婚をしました。
嫁は元アイドルの坪井志津香で、児島一哉よりも3歳年下です。
坪井志津香は、ピコ太郎こと古坂大魔王の相棒として音楽ユニット「NO BOTTOM!」の初代ボーカルとして活動をしていました。

最近では、山口もえ・森山奈歩らとMNS会を発足して、庶民派として注目を集めています。
二人にも現在子どもはおらず、変わり者の児島一哉を誰よりも理解していると言われています。
児島一哉が芸能界で活躍する裏には、坪井志津香の内助の功として支えているということが分かりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする