シシドカフカの親父は大物芸能人?!実はセレブな帰国子女という噂の真相!

Pocket

画像引用元:https://www.instagram.com/p/Btj3fPLFXvQ/

シシドカフカさんは1985年6月23日生まれの34歳です。(2020年4月現在)

トレードマークのパッツン前髪にロングで、エキゾチックな顔立ちで若い女性からも憧れる存在になりました。

しかし、髪もバッサリ切って世間を驚かせています。現在は女優業も順調で、ドラマや映画に出演をしているようです。

さらにファッションセンスあるコーデでモデルとしても活躍中。

そんなシシドカフカさんは、実はセレブなお嬢様だったと言う噂があります。そして親父がスゴイと言うのです。

今回はシシドカフカさんについて徹底的に調査をしました。

シシドカフカはセレブなお嬢様だった?!親父がスゴイ説を検証してみた!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/Bs4upnVF3F2/

シシドカフカさんは日本ではなく、海外で生まれたと言います。どのように育ってきたのかを見ていきましょう。また、セレブ生活と言うのはどのようなものなのでしょうか。

セレブエピソードその①:シシドカフカはメキシコ産まれのアルゼンチン育ちで国際色半端ない!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/Bs3jf1ml4pK/

シシドカフカさんの出身地はメキシコです。そのためハーフではないかと言われていますが、両親は2人とも日本人でした。

父親の都合でメキシコに移住をした時に生まれています。その後に日本に一旦戻り、小学生まで日本で過ごしました。

しかし、シシドカフカさんの父親の都合でアルゼンチンに移住。まだ12歳のシシドカフカさんは、言葉を話せず辛い思いをしたと言います。

2年後に日本に戻ってからは海外に移住することもなくなったようです。

多感な時期に海外で生活をすると、かなり性格も変わり国際色が強くなったのでしょう。独特なファッションセンスで自分の良さをアピールしています。

メキシコとアルゼンチンはスペイン語なので、今でも少し話せるのではないでしょうか。

セレブエピソードその②:シシドカフカは森星(もりひかり)とともにヴェルサイユ宮殿のアフターパーティーに出席?!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/B57UmxMFVdU/

シシドカフカさんとモデルの森星さんは、あのベルサイユ宮殿のアフターパーティーに呼ばれて参加をしたそうです。

しかし、なぜモデルが本業ではないシシドカフカさんが呼ばれたのでしょうか。

世界レベルの社交パーティーはどんな人が招待されるの?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/Bi395p8hqVm/

このパーティには参加条件があり、参加出来るのは「年齢16~20歳」「語学堪能」「容姿端麗」「良家の出身」「身長」と言う厳しいものがあります。

さらに参加できるのは100名ほどなので、かなり厳しい条件だと言うのがわかりますね。

しかし、ここで良家の出身と言うところがクエスチョンマークとなりますが、後は全てクリアしているのではないのでしょうか。

もしかするとセレブではないかと言われたきっかっけになったのです。

一緒に参加をした森星さんであれば、祖母が森英恵さんなので参加しても不思議ではないですね。

セレブエピソードその③:ドラムの先生は世界的に有名なプロ!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BoL5YC1hw27/

シシドカフさんはアルゼンチンで過ごした時代に、友達ができなかったと言います。それを見かねた父親はサイレントドラムをプレゼントしました。

シシドカフさんはドラムの面白さを知り、音楽にはまっていくことになります。

そして両親の知り合いでドラムの先生を紹介されましたが、その先生というのがダニエル・ピピ・ピアソラさんと言う人物です。

ダニエル・ピピ・ピアソラさんはタンゴの巨匠でもあるアストル・ピアソラさんの孫でした。現在もジャズを中心にドラマーとして活躍しています。しかも最初に教えられたのはタンゴのリズムで、今でもシシドカフさんはタンゴを踊るそうです。

ここからシシドカフカさんの個性が生み出されたのかもしれませんね。

シシドカフカのドラムのセンスが半端ない!!音楽界での評判は?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BlfNwfZhLdG/

シシドカフカさんは音楽番組でバンドを組んでいる人を見て、ボーカルやギターなどは画面に移る回数が多いけれど、ドラムは少なかったといいます。その地味さに惹かれてドラマーになりたいと思ったと話していました。

モデル業を行いながらドラマーとして活躍していたシシドカフカさんですが、モデル仲間に「ドラムを叩きながら歌を歌ってみては」と言う提案があり、このスタイルで行ったところ注目を浴びたのです。

ドラムの実力がと言うと、かなりうまいと言う評価がたくさんありました。しかし歌は下手だと言う評判もあり、賛否が分かれています。

しかし歌いながらドラムを行う難しい行為は、なかなかできないのではないでしょうか。

シシドカフカの親父が大物芸能人という真相は?!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BzSuXAiA6dT/

シシドカフカさんの父親はとんでもなく大物だと言う噂があります。確かに海外移住をしたりドラムをプレゼントしたりと、只者ではない様子です。

シシドカフカさんの父親は一体どのような人物なのでしょうか。

シシドカフカの親父が「宍戸錠説」はガセネタ!「相撲取り説」の真相は?

画像引用元:https://jisin.jp/kasou/1825909/image/3/

シシドカフカさんの父親は宍戸錠さんだと言う噂がありました。しかしこれは全くのガセで、事実無根です。

確かに宍戸と言う苗字は少なく「宍戸」と言えば宍戸錠さんを思い浮かべてしまうのでそうなってしまうのかもしれません。

惜しくも2020年1月18日に虚血性心疾患で宍戸錠さんが亡くなった時に、シシドカフカさんからコメントがなかったので、明らかに違うと言うことがわかります。

さらにシシドカフカさんの父親は相撲関係だと言う噂も流れました。しかしこれも全くのでたらめだったのです。

その原因はもと横綱の千代の富士さんの娘である秋元梢さんと関係していました。間違えた理由はこの写真を見ればわかります。

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BxkJaBql-Pw/

今でこそシシドカフカさんはショートになりましたが、当時は全く同じ髪型だったのでかなり似ています。

しかも黒い服が多いため、世間は勘違いをしてしまったのではないでしょうか。

シシドカフカの親父は外資系のサラリーマン?!職業が気になる!

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BgtFmZGBhnn/

シシドカフカさんの父親は外資系のサラリーマンだと言われています。そもそも海外転勤が多く、裕福な生活をしているため、かなりのエリートではないでしょうか。

そして海外では銀行員をやっていたと言う噂もあります。

一般人なので詳しい情報は見つかりませんでしたが、今は役員レベルになっているかもしれませんね。

シシドカフカの本名は?芸名の由来は?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/B9Yx0wVlRS8/

シシドカフカさんの本名は宍戸佑名(ゆうな)と言います。

名付け親はコピーライターの渡辺潤平さんです。渡辺潤平さんは2000年博報堂に入社し、その後2007年には株式会社渡辺潤平社を設立して活動している人物です。

芸名の由来はチェコ語で「コクマルガラス」と言い、カラスの一種のことを指す「カフカ」を表しています。

そしてそれに本名の「宍戸」を合わせてシシドカフカにしたのです。

なぜカラスかと言うと、シシドカフカさんがいつも黒い服を着ていたので、カラスをイメージしたと言います。

確かに黒は人を美しくしてくれる色なので、それを本能的に感じ取って着ていたのかもしれませんね。

カタカナにしたのはメキシコ生まれと言う事で、世間にハーフっぽいイメージを与えようとしたのでしょう。

まとめ

画像引用元:https://www.instagram.com/p/B8BfK8fApbI/

シシドカフカさんは次から次へと驚きの変化を人々に与えてくれる人です。次は何をしてくれるのだろうと期待できる稀な人ではないでしょうか。

ハーフではありませんでしたが、感覚的には外国人に近い女性でしょう。

クールな印象がありますが、実は甘えん坊なタイプで色々と良い意味で期待を裏切ってくれます。

父親もおそらく外国人のような感覚の持ち主なので、きっとシシドカフカさんを応援している事でしょう。

これからもどのような活躍をして私たちを驚かせてくれるのか楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする