鈴木紗理奈の実家は建設会社経営でとんでもない社長令嬢だった!家族の血筋もヤバい!

Pocket


画像引用元:https://grapee.jp/531522

タレント、女優としてテレビ、ドラマに引っ張りだこなのが、鈴木紗理奈です。
2017年に映画「キセキの葉書」でマドリード国際映画祭最優秀外国映画主演女優賞を受賞して話題を呼びましたよね。

そんな、鈴木紗理奈の実家は地元でも有名な資産家だと言われていますが、それは本当なのでしょうか?
建設会社の詳細やお金もエピソードも徹底追及していきたいと思います。
というわけで、鈴木紗理奈の実家についてあれこれ調査してみました。

鈴木紗理奈の実家がヤバい!?大阪の地元ではちょっと名の知られた『宗廣組』!


画像引用元:https://eiga.com/news/20171022/4/

鈴木紗理奈の実家は地元でも超有名な資産家だったと言われていますが、果たしてその真相はどうなのでしょうか?

詳しい会社の概要についてまとめみました。

宗廣組は『実はヤクザだった?』説は完全なるデマ!『宗廣組』の会社概要まとめ


画像引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202003240000311.html

鈴木紗理奈の実家の会社名は「宗廣組」と言います。
一見するとヤクザのように聞こえますが、それはデマで、本当は建設会社なのです。
名前の由来は、苗字の「宗廣」から付けられました。ちなみに、鈴木紗理奈の本名は「宗廣華奈子」と言います。

宗廣とは、とても珍しい苗字ですよね!

・会社のHP:なし。

・住所:大阪府摂津市学園町2−11−5

・業種:建設工業・とび・土工工事業 ・舗装工事業・管工事業・水道施設工事業・
鋼構造物工事業・塗装工事業・しゅんせつ工事業

・創業者:宗廣久幸

・現在の経営者:宗廣達也

・会社の年商:資本金8000万

・従業員の人数:40名(職人数: 20名、営業職員数: 10名、事務職員数: 10名)

現在の経営者である宗廣達也は、鈴木紗理奈の3人の兄の一人です。

1階が会社の事務所で、2階から上が自宅となっています。

鈴木紗理奈の金持ちエピソードがヤバい!


画像引用元:https://lineblog.me/sarina_munehiro/

そんな、地元でも有名な資産家の娘である鈴木紗理奈の金持ちエピソードとはどういったものだったのでしょうか?

気になりますよね。
仰天の金持ちエピソードの数々について切り込んでいきたいと思います。

実家の画像を公開!8LDKにビリヤード台!お手伝いさん常駐!

過去に鈴木紗理奈の実家がテレビで放送されていました。

リビングが60畳、8LDKという大豪邸でした。

それがこちらです。


画像引用元:https://xn--u9j5h1btf1ez99qnszei5c8ws.com/suzukisarina-zikka/

リビングにビリヤード台があるなんて聞いたことがないですよね!
当時は、広すぎる部屋が恥ずかしいと思っていたことを明かしていました。

また、父親が割烹料理店のオーナーでもあったため、週に1回はお店でふぐを食べていたそうです。
さらに、ファミリーレストランや回転すしなど、庶民的な飲食は未経験者で、自宅にはお手伝いさんが常駐していたとか!
自宅に、自販機やエレベーターといった設備もあったと言います。

その反発からか、鈴木紗理奈は学生時代は不良だったそうです。「世間一般で言うとお嬢だけど、お嬢様と言って何の得もない。ただのイヤミな女にしかならない」と隠し続けていました。
まっすぐな性格の鈴木紗理奈らしいエピソードですね。

鈴木紗理奈が英語がペラペラな訳は、自宅に留学生が常にたくさんいたから!

さらに、鈴木紗理奈は英語がかなりの堪能だそうです。
それは、留学生の受け入れをしており、最大12人もの留学生がいたと明かしていました。英語は教わったわけではなく、ホームステイに来る生徒と会話しているうちに自然と覚えそうです。

そのため、鈴木紗理奈の息子もイギリスへ留学をしており、インターナショナルスクールに通っているのです

また、東京の目黒区に1億円の豪邸を建設したり、大阪府豊中市に現在の実家があることからも、2018年6月に起こった大阪府北部地震以降、一時的に引っ越しをしたと推測できます。

お金持ちだということが分かりますよね!

鈴木紗理奈の金持ち家系の実態がエグイ!


画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2138214077256946401

さらに、鈴木紗理奈の血筋も凄いと言われていました。
父親だけではなく、祖父や母親の経歴も凄いというのです。

詳しく探っていきたいと思います。

祖父は東京大学の博士!


画像引用元:https://hochi.news/articles/20190513-OHT1T50214.html

鈴木紗理奈の祖父と曾祖父は、東大出身という血筋でした。
祖父は、東大の博士だったことも告白して周囲を驚かせていました。

そんな、頭の良さを受け継いだ鈴木紗理奈は、一度読んだものは記憶できるそうです!

凄いですよね!

父親は、1代で地元の有力企業『宗廣組』を創業!


画像引用元:https://lineblog.me/sarina_munehiro/

父親の宗廣久幸は、鈴木紗理奈が上京した平成13年4月20日に他界をしています。

地元愛の強い人物で、摂津市の防犯委員や(社)摂津青年会議所では副理事長を務め、地元に貢献をしていました。そのため地元のお祭りには毎回のように多額の協賛金を出していたそうです。

地元愛が強かった人物だと分かりますね。

View this post on Instagram

りおと9歳の誕生日。 ここまで元気に育ってくれた 世界でたった1人大切な息子。 自分がやれる事は惜しみなくするという息子への思い入れが強すぎるからか、 仕事と育児を完璧にこなしたいという性分からなのか、最近自分のキャパを少し超えてる気がして息苦しくなる夜が多々あった。 今日はりおとの誕生日だというのに、 いや、誕生日だったからか わたしはいっぱいいっぱいになり 泣いてしまった。 それを見たお母さんも泣いた。 りおとも泣いた。 えんえん泣く3人に優しくケーキ早く食べようとパパ。 忘れられないせつない涙の誕生日となりました。 家族の絆がはっきり見えた日。 りおととお母さんがいるから 頑張れてます、本当にありがとう。 そしてパパもたまに ちょくちょくありがとう。笑 #riototomama #riototobachan #riototopapa

A post shared by 鈴木紗理奈_MUNEHIRO (@munehirovoice) on

鈴木紗理奈には3人の兄がいます。
家族の仲はとても良いと明かしていました。

母親は1級建築士でいくつもの会社を経営!


画像引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202003240000311.html

母親である宗廣加津も相当な人物だと言います。

大島紬の会社と警備会社の社長で、さらには1級建築士の資格を持つ設計士であるというのです!

なんと実家を設計したのは母親・宗廣加津だそうです。

こちらが、母親・宗廣加津の画像です。


画像引用元:https://ameblo.jp/munehiro-voice/entry-11731390679.html

とても綺麗な方ですね!

母親の「男のスネかじるな」という教育論が現在の鈴木紗理奈を育てた?


画像引用元:https://eiga.com/news/20171022/4/

そんな、母親の言葉が鈴木紗理奈の「人生のバイブル」になっていると言います。

母親は常々、鈴木紗理奈に男がいないと、生きていけない女になっちゃいけないと教えており、自身もお洒落なスーツに身を包んで出かける姿に憧れ、幼い頃から自慢の母親でもあったと語っています。

その教え通り、2008年にレゲエミュージシャンのTELA-Cと結婚しますが、度重なるTELA-Cの浮気に耐え兼ね、2013年に電撃離婚してシングルマザーの道を選びました。

その後も、タレントとして体を張った企画にも挑戦したり、最近では元カレのたむらけんじとYouTuberとしてもデビューをしています。

その結果、現在の自宅は目黒区にある築13年の超高級マンションで、約40世帯分の部屋があり、24時間コンシェルジュ対応で一番安い部屋でも1億3000万円以上するという勝ち組の生活をしているのです。

まとめ


画像引用元:https://grapee.jp/531522

タレント、女優として幅広い分野で活躍をしている鈴木紗理奈の実家は、地元でも有名な資産家でした。
父親で割烹料理店のオーナーでもあった宗廣久幸が1代で建設会社「宗廣組」を設立しました。
実家は、8LDKでリビングが60畳、ビリヤード台もあるほどの大豪邸でした。
そのため、幼い頃から週1でふぐを食べたり、ファミリーレストランや回転すしを食べたことがないというお嬢様だったのです。

さらに、祖父は東大の博士で、母親は一級建築士の資格を持っているエリート一家だったのです。
母親の教え通り、鈴木紗理奈は離婚後もシングルマザーとして長男を育て、都内の超高級マンションを購入しています
今後も、鈴木紗理奈の動向から目が離せませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする