千葉麗子の現在がヤバイ!!半左翼の政治活動家だった!?一体何があったの?

Pocket

画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2148392528178988201

今回は千葉麗子の現在についての話題をお届けします。

千葉麗子といえばアイドルでありながらパソコンに詳しくて「電脳アイドル」と呼ばれていた存在ですね。

「チバレイ」の愛称で親しまれていて、小柄で可愛らしいイメージでした。

そんな彼女ですが、一時期急にネットで名前を見かけるようになっていましたが…

一体千葉麗子に何があったのでしょうか?

最近はテレビで見かけることが少なくなった千葉麗子ですが、何故急に名前を聞くようになったのか気になるところです。

そこで、今回は千葉麗子の現在の活動や取り組んできた政治活動などについて詳しく調べてみました。

元電脳アイドル・千葉麗子の今の姿をチェックしましょう。

かつての「電脳アイドル」千葉麗子は会社の社長になってるって本当?!

画像引用元:https://anohitohaima.tokyo/post-423/

「ひとつ屋根の下」「南くんの恋人」といった人気作品に多く出演していた千葉麗子

他にもパソコンの専門誌に出たり、当時珍しいパソコンオタク的存在でしたね。

「電脳アイドル」の名をほしいままにした千葉麗子ですが残念ながら1995年に芸能界を引退してしまいます。

確かにこの頃から全然見かけなくなりましたね。

その後ゲーム会社に就職したそうですが…

なんと現在は会社の社長になっているそうです。

アイドルが社長になるってすごいですね。

相当努力をしたのでしょう。

千葉麗子はIT企業「チェリーベイブ」の代表取締役だった!

画像引用元:https://kszend.info/?p=3314

千葉麗子は現在会社の社長を務めているということでしたが、一体どんな会社なのでしょうか?

千葉麗子の現在について調べていくと、どうやら「チェリーベイブ」という会社で代表取締役をつとめているみたいですね。

このチェリーベイブはIT企業らしいのですが、なんと設立してから20年以上経過していて現在でも存続しているとても素晴らしい会社です。

事業は以前よりも大きくなっているそうですから、今後も存続していくでしょう。

会社を存続させていくのって大変なことだと思います。

それでもまだ会社が成長しているというのは芸能界を引退したのが正解だったように感じます。

今後もチェリーベイブ存続のために頑張ってほしいです。

千葉麗子は離婚した旦那「KILIA」との間に子供はいるの?

画像引用元:https://hataraku-salon.jp/m_face03-1/

そんな千葉麗子は1998年にサウンドクリエイターのDJ KILIJAと結婚しています。

とてもおめでたい話題ですね!

また嘘か本当か真相は定かではないですが、千葉麗子の執筆した本によると1999年に誕生した息子はダウン症だといわれています。

2人で頑張って息子を育てていたようで順風満帆に見えましたが…

なんと2011年にDJ KILIJAと離婚しています!

どうやら元旦那が仕事をしなかったのが原因といわれているようですが…

離婚までするなんて他の理由もあったんじゃないかと思います。

千葉麗子も色々苦労したんでしょうね。

千葉麗子はヨガインストラクターと社長業を両立させている凄腕の実業家だった?!

画像引用元

さて、千葉麗子はチェリーベイブという会社で社長をつとめているということでしたが、他にも知られざる一面があるんですよ。

実は千葉麗子、ヨガインストラクターとしても活躍しているんです。

テレビ番組にヨガの講師として出演したり、チェリーベイブでもヨガのレッスンを事業内容に追加しているそうです。

ヨガをやっている人ってすごくスタイルがいいですが、千葉麗子もその一人なんですね。

もう40歳を過ぎているのに全然老けないしボディラインが綺麗です。

ヨガインストラクターになるには資格も必要ですし、相当集中してヨガの勉強をしたのでしょう。

アイドルから社長業とヨガインストラクターを両立させる凄腕実業家へと転身した千葉麗子、今後も応援していきたいですね。

千葉麗子に何があったの?!現在が知りたい!!

画像引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0036170

社長とヨガインストラクターという二足の草鞋で日々奮闘する千葉麗子ですが、そういえば急にネットで名前を見たり聞いたりするようになりましたね。

何故千葉麗子が急に注目されはじめたのでしょう。

電脳アイドルとして活躍していたのももう20年以上なのに…

と思って色々調べてみると、どうやら現在千葉麗子はある活動に情熱を注いでいるみたいです。

ここでは千葉麗子の現在についてお話ししていきます。

東日本大震災から福島の故郷を思い反原発活動に尽力!

画像引用元

誰もが忘れることのできないあの日…

そう、東日本大震災が起こった日のこと。

福島県出身の千葉麗子はこの日を境に、反原発活動に精を出すようになったといいます。

なるほど、政治的活動に尽力していたんですね。

原発の事故がきっかけでふるさとに帰れない人がいるという事実に打ち震えた千葉麗子、反原発活動に飛び込むのはかなり思い切ってのことだったでしょう。

実際、山本太郎や石田純一など原発事故のあとでテレビに出ることができなくなった人がたくさんいます。

千葉麗子はそれも覚悟で地元の仲間たちのために反原発活動をしていたのでしょうね。

激ヤバ!!過激派と言われた千葉麗子は「反パヨク」に転身?!

画像引用元

地元で苦しむ人たちのために!と反原発活動を始めた千葉麗子ですが、反原発活動に参加する人たちが自分の本当の思想とは違うことに気付いたそうです。

その結果千葉麗子は反原発活動家たちを敬遠しはじめました。

千葉麗子は反原発活動家たちのことを「パヨク」と偏見を持った扱いをするようになったといいます。

この「パヨク」は「左翼」をもじって劣化した扱いをした言い方ですが、千葉麗子は自身がそういった偏見をもたれる立場にいることを感じて「半パヨク」いわゆる「反左翼」になったそうです。

おそらく千葉麗子の名前をネットでよく見かけるようになったのもこの一連の流れが原因でしょう。

脱原発運動で左翼的活動を行うも活動内容がヤバすぎた!

画像引用元:https://aucview.aucfan.com/yahoo/r127404569/

反原発活動をおこなう人々の思想に違和感をおぼえ敬遠した千葉麗子ですが、その活動はかなり過激でした。

2014年に千葉麗子は反原発を大々的に公表しながらも右翼団体の街宣活動に参加したり、左翼団体に抗議したりどちらかというと右翼団体の一員ともとれる行動をしています。

左翼の人々の極端な思考に苛立ちを覚えて国会前でマイクを握っている最中に

「やってらんねぇよ!」

とマイクを投げ捨てたこともあるんだとか…

以前は左翼的思考だったのに、急に愛国者になったみたいですね。

思想や哲学は人それぞれですし、法に触れなければ咎める必要はないですが千葉麗子は左翼団体にかなり目くじらを立てているようです。

一時はパヨクから嫌がらせを受けたりしていたそうですし、根に持って敬遠しても仕方ないかなと思います。

「反パヨク」「ネトウヨ」って何?どういう意味か知りたい!

画像引用元

そもそも「反パヨク」「ネトウヨ」は一体どんな意味合いがあるのでしょうか?

どちらもよくインターネットで見かける単語ですね。

そもそも「反パヨク」は「反左翼」をもじったもの

左翼というのはいわゆる無政府主義傾向の人や団体を指すものですね。

現行の政治に反発する人といったところでしょうか。

それを劣化したスラングが「パヨク」なので「反パヨク」は「右翼」という意味になります。

そして「ネトウヨ」はインターネットの「ネット」と「右翼」を合わせた意もの

ネット上で右翼的つまり政府を支持するような発言を展開する人々ですね。

どちらの人々も結構過激な発言をすることで世間に知られています。

SNSを見ていても、ネトウヨといわれる人たちは政治的リツイートが多かったりしますよね。

もはや振れ幅がエグイ!著書「さよならパヨク」で脱原発運動を訴骨肉の争いに発展?!

画像引用元

反左翼的思考に陥った千葉麗子は「さよならパヨク」という著書まで発表しています。

ものすごくストレートなタイトルですね…

この作品は「パヨク」の人々の思想が間違っているという認識をもつようになった千葉麗子がその一連の出来事をまとめたものとなっています。

もともと左翼で反原発活動を行っていたのに急に右翼になったことでネット上では千葉麗子が中傷されたこともあるそうです。

ちょっと気の毒ですが、「さよならパヨク」といったタイトルは過激すぎて左翼でも右翼でもない人からみたらどっちもどっちに感じてしまうのが正直なところ。

政治に関しては色々な考えがあっていいと思いますが千葉麗子は他にも素晴らしい才能があると思いますので、もうちょっと広い視野で活動行ってほしいなと思いました。

でも著書を発行するという行動力は素晴らしいので今後もそのエネルギーを維持してほしいところです。

まとめ

画像引用元:https://instagrammernews.com/detail/1486297642976035414

今回は千葉麗子に関する話題でした。

いかがだったでしょうか?!

当時人気のあった千葉麗子ですが、今はいわゆるネトウヨになっていたとは驚きでした…

名前をよく見かけるなとは思っていましたがそれにはこんな理由があったんですね。

今後の活動がどんなものになっていくのか、注目したいところです。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする