宮沢氷魚の父・宮沢和史はどんな人?顔がそっくり!?「氷魚」名前の由来が笑える!

Pocket

画像引用元:https://www.instagram.com/p/B7SPv1-H9tC/

宮沢 氷魚(ひお)さんは1994年4月24日生まれの26歳です。宮沢氷魚さんはアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで生まれ、その後東京で育ちます。

幼稚園から高校まではインターナショナル・スクールに通い、カリフォルニア大学のサンタクルーズ校から国際基督教大学に編入し、2017年3月に卒業しました。

父親のライブを見て芸能界に興味を持ち、現在の所属事務所であるレプロエンタテインメントに履歴を出して見事採用されます。

また、第30回『MEN’S NON-NO』の専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、モデルとして活躍をしました。

そんな芸能界へのきっかけとなった宮沢氷魚さんの父親は、誰もが知っているバンドのボーカルでした。

今回は宮沢氷魚さんの父親にスポットを当てたいと思います。

【おすすめ記事】

コンテンツ

宮沢氷魚の父・宮沢和史は「島唄」を唄っている「THE BOOM」のボーカルだった!?

画像引用元:https://www.oricon.co.jp/confidence/special/53794/

宮沢氷魚さんの父親は『THE BOOM』のボーカルでもあります。

中でも『島唄』は有名で誰です。そんな『THE BOOM』とはどのようなバンドなのでしょうか。

「THE BOOM」とは?「島唄」は誰もが一度は聴いた事があるあの名曲?

画像引用元:https://rockinon.com/news/detail/56845

『THE BOOM』は4人組のバンドで、1986年に結成してから2014年に解散しています。

名前をつけたのは宮沢和史さんで「常に流行に左右されず自分たちの音楽を貫いていけるように」という気持ちを込めて作られました。

もともと原宿のホコ天でバンド活動を始めていましたが、1988年にソニーのオーディションに合格し、翌年にメジャーデビューを果たしています。

『島唄』のほかに代表曲は『星のラブレター』『風になりたい』があります。

メンバーは宮沢和史さんと小林孝至さん山川浩正さん、栃木孝夫さんがおり、途中活動休止などありましたが、28年間一度もメンバーチェンジを行っていません。

『THE BOOM』は現在40〜50代の人の青春だったのではないでしょうか。

宮沢和史は「島唄」を歌っているのに沖縄出身ではなかった!?

画像引用元:https://twitter.com/hashtag/宮沢和史

『島唄』といえば沖縄をイメージするため、『THE BOOM』のボーカルである宮沢和史さんは沖縄出身だと思われている人も多いようです。

実際に『島唄』大ヒットしたあとに、『島唄』の沖縄の方言でバージョンを沖縄限定で発売しています。

宮沢和史さんは山梨県に生まれ、高校まで山梨に住んでいました。大学は明治大学なのでそれを機に東京に出てきたようです。

宮沢和史が「島唄」に託した思いとは?


画像引用元:https://ourage.jp/column/topics/172043/

宮沢和史さんは、「島唄」に特別な想いを込めているそうですが、一体どんな思いが込められているのでしょうか?

もともと宮沢和史さんは沖縄の三味線の音が好きで、沖縄を訪れた際に沖縄の戦争の歴史を知ってショックを受けたと言います。

沖縄の暗い過去が再び繰り返すようなことがないように、という意味が込められているそうです。

なかなか奥が深い歌だったのですね。

宮沢和史の自宅はどこ?沖縄?東京?


画像引用元:https://shinjuku.keizai.biz/headline/712/

宮沢和史さんの自宅はどこなのでしょうか?

沖縄県のイメージが強い宮沢和史さんですが、実は自宅は東京にあるようです。

音楽活動を休止してからは、沖縄県立音楽大学で音楽教師として勤務していたそうです。
何十年も沖縄県に拠点を置いて活動をしていることからも、沖縄に別居などを所有している可能性はあると思います。

そこまで沖縄には強い思い入れがあることが分かりますね。

「THE BOOM」は2014年に解散


画像引用元:https://mainichi.jp/articles/20191010/k00/00m/040/035000c

人気ロックバンド「THE BOOM」は2014年12月に28年の長い音楽人生に幕を下ろしました。

解散の理由として「この4人でやれる事、やるべき事は全てやり尽くしたのではないかという思いが心を支配するように」なったためだと発表をしていました。

ネット上では、「THE BOOM」の解散にショックを受けるファンも多かったようですね。

宮沢和史は2016年に体調不良でソロ活動を無期限で休止!


画像引用元:https://l-tike.com/concert/mevent/?mid=382181

2016年には、体調不良を理由に一時、音楽活動を休止していた時期もあったそうです。

原因は、首の椎間板ヘルニアだったとか。
実は数年前から首の痛みに悩まされていたそうで、ここ数か月で悪化してしまい「頸椎症性神経根症」と診断されました。

休養の際のコメントをこのように述べています。

長年走り続けた無理が知らぬ間に蓄積していたのでしょうか、ここへきて、なってしまいました

人間としてまだまだ志し半ばですが、ここで一旦マイクを置き、自分自身、そして、自分が進むべき音楽の道というものをもう一度見つめ直そうと思います

無理のない範囲においての仕事は続けてみようと思っていますが、ステージやメディアの前における歌手活動はしばらくお休みさせていただきます

引用元:スポニチ

それから約1年間の休養期間を経て、少しずつ活動を再開をさせていました。

宮沢和史は活動を再開し2019年、30周年記念ライブを開催!


画像引用元:https://news.j-wave.co.jp/2019/06/68-7.html

そして、2019年にはアルバム「留まらざること 川の如く」をリリースし、30周年記念ライブを開催をしました。

大阪フェスティバルホールでのコンサートか開催され、「宮沢和史デビュー30周年記念コンサート~あれから~&スペシャル映像」Blu-ray・DVDが発売されました。

完全復活を遂げた宮沢和史さんから目が離せませんね。

宮沢氷魚は父・宮沢和史とそっくりだけど、歌がクソ下手ってマジ?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BJu5GhLgzBM/

宮沢氷魚さんは父親とそっくりと言われているため、さぞかし歌も上手なのだろうというイメージがついているようです。

2018年1月12日のananニュースでは、このようにコメントをしていました。

インタビュアーから「音楽の道を考えたことは?」と聞かれると、「僕、あまり歌が上手くなくて…(笑)。お父さんが歌手だから上手いでしょ、ってよく言われるんですけどね。音域が狭すぎるのか、サビの高い声が全く出ないんです。」と回答。

さらにインタビュアーが「では、名曲「島唄」は…。」と聞くと、「Aメロまでしか声が出ません!(笑)」とのことでした。

やはり一度歌ったことがあるみたいですね。例え下手でも息子が歌うとなるとカラオケでも盛り上がりそうですね。

父・宮沢和史は「いつか共演してみたい」と歌での親子共演という意外な願望を明かす!


画像引用元:https://one.hpplus.jp/ourage/72665

宮沢氷魚さんは、芸能界に入る際に父親と同じ音楽業界へ進むことは考えなかったそうです。
小学校から高校までトロンボーンやギターは演奏をしていたそうですが、趣味の範囲で楽しみたいと思っているとか。

現在は、オファーがあれば音楽の仕事もトライしてみたいと意気込みを語っていました。
将来は、宮沢氷魚さんのMVに出演をしてみたいとそうです。

親子共演が楽しみですね!

宮沢氷魚の名前の由来がヤバイ!?父・宮沢和史の釣り好きから来てる!?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/B4MXAntAieD/

宮沢氷魚さんは本名です。そのため、初めて見た人だと読めないのではないでしょうか。実際に氷魚という魚がいて、琵琶湖の冬の名産品として有名な魚のようです。

ちなみに、鮎の稚魚のことを「氷魚」と呼びますが、その見た目は氷のように透き通っていることからこの名前がついたようです。

宮沢氷魚という名前にしたことに対して公表していませんが、宮沢和史さんは釣り専門誌の連載を持っているほどの釣り通として有名でした。

そのため、自分の息子に魚の名前をつけたのではないかと言われています。なんともギリギリなところですが、インパクトがあるのでよいのではないでしょうか。

兄弟全員が釣り、沖縄に由来する名前という徹底ぶり!


画像引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/23/kiji/20190722s00041000514000c.html

子供たちの名前が特徴的だと言われていますが、果たしてその真相はどうなのでしょうか?

宮沢和史さんには全部で3人子供がいて、名前は海実(かいみ)と言います。こちらもまた海がついていて、明らかに海関係の名前にしたいのが分かりますね。

また、長女は琉歌(るか)さんでした。こちらはなんとなく沖縄っぽい名前です。

父・宮沢和史の釣りに対する情熱が半端ない!


画像引用元:https://tokyo.whatsin.jp/71156

宮沢和史さんの趣味は、バイクと釣りで特に釣りは渓流釣りが好きだと言います。
出身の山梨県では、昇仙峡で有名な荒川があり、小学校への通学の行きや帰りに、ハヤやオイカワを釣って遊んだとか。

釣り歴は、40年以上になるとそうです!

釣りは、「自分にとって釣りは、人生の中の大切なひとコマ、自分の一部として存在する」となくてはならない存在だと明かしていました。

釣りに対する情熱が半端ないですね。

父・宮沢和史も多数の映画やドラマに出演!俳優としても活躍中!


画像引用元:https://www.cinra.net/interview/201905-oiwamiyazawa

俳優としても活躍をしています。
こちらが、主な出演作品です。

  • 2000年 二千年の恋
  • 2001年 恋を何年休んでますか
  • 2014年 るろうに剣心
  • 2016年 コールドケース〜真実の扉〜

大人気映画「るろうに剣心」に出演していたのは驚きですね。
その他にもナレーションも務めておりマルチに活躍をしていることが分かります。

宮沢氷魚のツイッターやインスタは?


画像引用元:https://twitter.com/miyazawahio

宮沢氷魚さんも自身のインスタやツイッターを頻繁に更新しています。こちらが、twitter @MiyazawaHioです。

インスタでは三味線を披露もしており、父親・宮沢和史さんとの親子共演が待ち遠しいと思います。

寝起き姿もイケメンですね!

宮沢氷魚と父・宮沢和史の若い頃の顔が似てる?

画像引用元:https://geinoustock.com/宮沢氷魚が父親とそっくり?比較画像がこちら!/

宮沢氷魚さんと宮沢和史さんは顔立ちがそっくりだと話題になっています。写真と比べてみてもかなり似ているのが分かりますね。

とくに目元がそっくりでまさに二世といったところでしょうか。

もともと『THE BOOM』でデビューしたときはイケメンボーカルといわれていたので、親子共々イケメンということになりますね。

宮沢氷魚は目の色が茶色いけどハーフなの?母は誰?

画像引用元:https://www.instagram.com/p/B0hdjNGguft/

宮沢氷魚さんはなんとなく目の色素が薄く、すらりとした外国人体型なのでハーフではないかといわれています。

父親は純日本人なのでハーフなのかをみていきましょう。

宮沢氷魚の母は光岡ディオン!宮沢氷魚はクオーターだった!?

画像引用元:https://puertoricotesol.org/mituokadhionn-wakaikoro/

宮沢和史さんの奥さんは光岡ディオンさんで、1994年にご結婚しています。

光岡ディオンさんは、日本人とアメリカ人のハーフのタレントで、パーソナリティとして活躍をしている人です。

そのため、宮沢氷魚さんはクオーターということになります。昔はクオーターだったので、同級生からいじめにあったようですが、現在はかっこいいイケメンになり、ネタにしているようですね。

基本的にクオーターは両親のよいDNAばかりを受け継ぐため、美男美女が生まれるそうです。うらやましい限りですね。

宮沢氷魚は高学歴!母・光岡ディオンと同じく出身大学が凄かった!


画像引用元:https://amirena.com/mituokadion-child

母親・光岡ディオンさんは、神奈川県出身で大学は国際基督教大学教養学部語学科卒業しています。

国際基督教大学は、通称は「ICU」と呼ばれており、1949年に日本と北米のキリスト教指導者で創設されました。

特徴としては、教師1人に対して生徒が18人の少数教育制度を導入しており、細かなケアーができると高評価を得ていました。

偏差値が、67.5もありかなり高学歴だと言えますね!

2020年の「THE世界大学ランキング日本版2020」で私立の中で第一位に選ばれたのです。
日本だけではなく、世界からも注目されているのですね!凄いです。

まとめ

画像引用元:https://www.instagram.com/p/BIbxqZKAfpe/

宮沢氷魚さんはこれからブレイク必須の俳優さんになるので、これから目が離せませんね。

父親を尊敬して芸能界に入っているので、父親の名を汚さないような活動をしていくことでしょう。

恵まれた容姿と国際的な感覚を身につけていているので、日本を代表する俳優になるかもしれません。

宮沢和史さんは宮沢氷魚さんの芸能界入りについて「謙虚に、礼儀正しく」ということを常に話しているそうです。

この教えがあればみんなからも愛される役者になるでしょう。

【おすすめ記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする